機械式時計は壊れる?手入れをするポイントを知ろう!

機械だから壊れるのは当然でも対策可能

機械式時計は寿命が長いと言われていますが、歯車とネジを主に組み合わせて精巧に作られている機械なので壊れてしまう可能性があるのは当然です。歯車が回転していると段々と摩耗してしまい、完璧な形で噛み合わなくなってしまうことがあるのは想像しやすいでしょう。僅かに傾きができたり、ホコリが入ってしまったりするだけで正確に時刻を刻めなくなってしまう可能性もあります。そのため、できるだけ大切に扱って壊れないようにすることは必須です。壊れやすくしてしまう原因として多いのが衝撃であり、落下させたりぶつけたりしてしまわないようにするだけでも十分に有効な対策になります。また、金属部分については湿気が多いと錆びるリスクがあるのでできるだけ乾燥した状態を保てるようにするのが大切です。濡れてしまったときには速やかに拭いて乾かすようにするという簡単な手入れを怠らないようにしましょう。

オーバーホールをするメリットとは

日頃から手入れをして対策をしていてもいつかは壊れてきてしまうのが機械式時計です。しかし、オーバーホールをすれば元通りにすることができるので、定期的にメーカーに依頼してオーバーホールをしてもらいましょう。内部を開けて一通りの部品の劣化が進んでいないかをチェックし、ホコリなどの清掃も行った上で返してもらうことができます。こうするとまた数年間は安心して使える状態になり、いつも正確な時刻を示してくれるのです。目安として4年に1度はオーバーホールをするのが良いとされています。

オーデマピゲは、世界三大高級時計メーカーとして有名です。最先端の技術や斬新なデザインが多くの人の人気を得ています。