人気のスキレット、上手に使いこなせていますか?

スキレットってどんなもの?

鋳鉄(ちゅうてつ)製のフライパンを、スキレットと呼びます。鋳鉄とは鉄の一種で、普通の鉄製のフライパンよりも厚手にできているので、ゆっくり火が通り、蓄熱性が高いのが特徴です。持ち手の部分も同じ素材ですので、コンロだけでなく、オーブンに入れることもできます。そのままお皿として食卓にも出せる便利さと、見た目の可愛らしさから、とても人気がありますよね。大手のホームセンターなどでも、リーズナブルな価格で販売されているので、持っているという方も多いのではないでしょうか。そんな人気のスキレットですが、使用前のお手入れと、普段のお手入れがとても重要だということを知っていますか?

長く使い続けるものだからこそ、大事に使おう

スキレットの使い始めは、シーズニングと呼ばれるお手入れ方法があります。買ったばかりのスキレットには、錆止めのワックスが塗られていますので、それを洗剤とたわしで洗います。水ですすいだら、コンロで空焚きをします。しっかり水気が飛んだら、油を塗って、また煙が出るまで空焚きをします。油を塗って、空焚きをする作業を何度か繰り返してから、くず野菜などを炒めて、スキレットの匂いを取っていきます。これでやっと、最初の調理にとりかかれます。大変ですが、使い込むほどに油がなじんで、焦げ付きにくくなってきますので、お手入れして大事に使っていきましょう。また、調理ごとのお手入れは、洗剤を使わずに、お湯で洗って空焚きします。お手入れが面倒、時間がない、という方は、シーズニングが最初から施されているものもありますので、探してみてくださいね。

キッチン雑貨には実用的なものだけでなく、飾りとして利用できるものも沢山あります。女性をターゲットにした、見た目の綺麗な雑貨も少なくありません。