オフィス街や商業施設でよく見かける壁面緑化とは?その効果は!?

そもそも壁面緑化ってなに?

壁面緑化という言葉を聞いたことはあるでしょうか。壁面緑化とは、植物を利用して建物の壁に緑を取り入れることです。近年、公共施設やビルの外壁で見かけることが多くなりましたね。壁面緑化以外に屋上スペースで緑化や菜園を行う屋上緑化もよく耳にしますよね。
この壁面緑化は、家庭用の栽培キットも販売されています。また一般家庭や法人向けにこの緑化施工を行う企業も多く存在します。

環境にも人にも建物にも優しい壁面緑化!

壁面緑化の効果はたくさんあります。
まず建物の遮断効果ですね。夏の連日の強い日差しで建物の表面温度が上がりますが、それによって建物内の温度も上昇するのです。緑化することで表面温度を下げるだけでなく建物内でも快適に過ごせるという効果もうまれるわけです。ビルの多い都市部ではヒートアイランド現象の改善に役立っています。戸建ての家庭などは、植物を使ってもっと手軽に緑のカーテンが作れるので、試してみると良いでしょう。
また視覚的な癒し効果もあります。自然の緑を眺めているだけでリラックスでき落ち着くことがありますよね。特に緑の少ない首都圏のオフィス街などでは、壁面緑化を取り入れることでストレスを軽減し穏やかな気分にさせてくれる効果が期待できます。

壁面緑化の方法はさまざま!

壁面緑化の施工にはいろいろなやり方があります。
シンプルなのは、地植えかプランターで植物を上向きに這わせる方法と、その反対に上から下に向かって植物を生育させる方法です。その他壁面にプランターを配置するタイプや植栽基盤を配置するタイプやコケを生やすタイプもあります。施工方法によってはおしゃれなデザインに施工することもできますよ。メンテナンスのしやすさなど施工方法ごとに特徴がありますよ。

壁面緑化に用いられる植物はつる状の野菜や植木です。見た目に優しいだけでなく、暑い日差しを和らげてくれる効果が期待できます。